Bone and
Joint Japan運動器

身体活動を担う筋・骨格・神経系の総称であり、筋肉、腱、靭帯、骨、関節、神経(運動・感覚)、脈管系などの身体運動に関わるいろいろな組織・器官によって構成されており、その機能的連合が運動器です。

Bone and
Joint Japan運動器

身体活動を担う筋・骨格・神経系の総称であり、筋肉、腱、靭帯、骨、関節、神経(運動・感覚)、脈管系などの身体運動に関わるいろいろな組織・器官によって構成されており、その機能的連合が運動器です。

Bone and
Joint Japan運動器

身体活動を担う筋・骨格・神経系の総称であり、筋肉、腱、靱帯、骨、関節、神経(運動・感覚)、脈管系などの身体運動に関わるいろいろな組織・器官によって構成されており、その機能的連合が運動器です。

Bone and
Joint Japan運動器

身体活動を担う筋・骨格・神経系の総称であり、筋肉、腱、靱帯、骨、関節、神経(運動・感覚)、脈管系などの身体運動に関わるいろいろな組織・器官によって構成されており、その機能的連合が運動器です。

Bone and
Joint Japan運動器

身体活動を担う筋・骨格・神経系の総称であり、筋肉、腱、靱帯、骨、関節、神経(運動・感覚)、脈管系などの身体運動に関わるいろいろな組織・器官によって構成されており、その機能的連合が運動器です。

Columnコラム

コラム一覧
  • Health
    コロナ禍で“腰痛&ぎっくり腰”にならない体の使い方とは?
  • Culture
    片脚のコウノトリを救え! 義肢装具士が挑んだ日本初の義足プロジェクト
  • Interview
    気鋭の写真家・越智貴雄が義足の人を撮る理由。
  • Health
    テレワークで腰が痛くなる人が急増中! 適切な「腰痛」撃退&予防法とは?
  • Health
    「亀の子束子」のボディケア用タワシで体を洗っただけで、体ポカポカ、肩や腰が軽くなった!
  • Health
    運動器ドクターズ Q.時々起きる坐骨神経痛。少し経つとよくなるけど放っておいていい?

Newsニュース

ニュース一覧
  • 2022年度 第10回「運動器の健康・日本賞」表彰式が開催されました
  • 2021年11月14日(日)当協会の「創立20周年記念式典」が開催されました!
  • オンライン・シンポジウム「児童生徒等の運動器の健康を守り学校での重大事故を防ぐために」申し込み開始!
  • 2021年度 第9回 運動器の健康・日本賞の表彰式が行われました!

Movingムービング

「Moving」Vol.43発刊

今回のフロントインタビュー「私と運動器」は、写真家の越智貴雄さんです。越智さんは東京パラリンピックで活躍するアスリートを撮影したり、義足の女性たちを撮影して写真集『切断ヴィーナス』を出版するといった活動をされている写真家です。そんな越智さんに、写真を通して義肢義足をつけた被写体についてなど、さまざまなお話を聞きました。また、後半では「義肢装具士の仕事について」や「テレワークで急増する腰痛について」を紹介しています。

 

Award運動器の健康・日本賞

2022年度 運動器の健康・日本賞

「運動器の健康・日本協会」では、団体・機関および個人が行った「運動器の健康増進活動」を募集し、最も独創的かつ優れた活動を「運動器の健康・日本賞」として顕彰します。

2022年度「運動器の健康・日本賞」の審査結果を発表いたしました。
日本賞 : 北海道野球肘検診

  • 表彰式 ▶︎ 2022年4月17日

 

副賞100万円

学校での運動器検診

学校での運動器検診の手引き

実際に学校の健康診断の現場で、円滑かつ効率的に実施することができるように、わかりやすく学校現場での健康診断の準備、検診当日の進め方、事後措置や留意事項について記載した『学校での運動器(脊柱・胸郭,四肢,骨・関節)検診の手引き』を新たに作成しました。そのなかでは保護者や養護教諭などの学校関係者や学校医の皆様には、想定される様々な質問にお答えし、理解を深めていただくようにしています。
詳細はこちら

ロコモティブシンドローム

認知度調査

運動器の健康・日本協会では、2015年より毎年、「ロコモティブシンドローム認知度調査」を実施しております。これまでの認知度の詳細につきましては、下記リンク先よりご確認ください。

詳細はこちら

子どもを取り巻く
野球環境の提言について

公益財団法人運動器の健康・日本協会では、平成26年、平成27年、平成28年の3年間にわたり、全日本野球協会傘下の各団体に所属する野球部員(平成26年は小学生273.958人、また平成27年には、小学生261,619人、平成28年には中学生の部員11,134人)の実態調査を行いました。この調査・研究には、日本整形外科学会および運動器の健康・日本協会所属のスポーツ整形外科専門医が参画し、得られた調査結果を様々な角度から分析、障害予防対策の指針を提言しています。詳しくは、当協会の調査報告書をぜひご参考ください。

・平成26年度の「少年野球」調査結果はこちら
・平成27年度の「少年野球」調査結果はこちら
・平成28年度の「中学野球」調査結果はこちら

公益財団法人 運動器の健康・日本協会