newsニュース

TOPICS : お酒を飲むと赤くなりやすい人は骨粗しょう症による大腿骨骨折を起こしやすい

 お酒を飲むと、顔が赤くなりやすい人と顔色が変わらない人がいますよね。あなたはどっちですか?

「赤くなりやすい」という人はお酒に弱いというイメージですが、いえいえ、今回のニュースはそうではないんです。なんと骨粗しょう症による太ももの骨の骨折(大腿骨骨折)を起こしやすいという報告なんです。これは慶応義塾大学医学部整形外科教室の宮本健史(先進運動疾患治療学寄付講座特任准教授)らの研究によるもの。その報告をご紹介しましょう。

アセトアルデヒドの蓄積が骨生成の邪魔をする

 慶應義塾大学医学部整形外科教室の宮本健史(先進運動疾患治療学寄付講座特任准教授)らは、お酒を飲んだ際に赤くなりやすい体質の遺伝子多型を有する人は、その多型を持ってない人に比べてrs671の保有率の比較により、2.48倍、骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折(注1)をおこしやすくなることを明らかにしました。更にビタミンE摂取が予防に効果がある可能性も見出しました。

 お酒を飲んだ際に赤くなりやすい人は、アルコールを飲んだあとのアルコール代謝の過程で発生するアセトアルデヒトの分解に機能するALDH2という酵素タンパク質が、遺伝子的に活性が弱いか欠けています。この遺伝は、日本人など東アジアの人種に多いとされています。

 今回の研究では、お酒を飲むと赤くなりやすい遺伝子を保有する人は、普段の飲酒量に関係なく骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折を起こしやすくなることを明らかにしています。

 ALDH2はアセトアルデヒトの分解に重要な役割を担っていますが、ADLH2の機能喪失により、アセトアルデヒトが蓄積されると骨を生成する骨芽細胞(骨をつくる細胞)の機能不全が生じます。

 一方で、機能不全をおこした骨芽細胞にビタミンEを添加することにより、機能不全を回避できることを試験管培養にて見出しました。

 骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折の患者は増大し続けており、2014年の実績では国内で年間に19万件もの大腿骨近位部骨折が発生し、今後さらに増加することが予想されています。持って生まれた遺伝子多型は変えようがありませんが、ビタミンEの摂取で遺伝子多型の影響が減少し、骨折予防につながる効果が期待できることが示されました。

注1)大腿骨近位部骨折(骨粗鬆症による代表的な骨折で、人体最大の骨である大腿骨が股関節部の近くで骨折したもの。当然、起立歩行は不可能になる。現在では、国内1年間に約20万件発生している。)

…………………

 ちなみにビタミンEはアーモンドなどのナッツ類、ひまわり油、こめ油、カボチャなどに多く含まれていますので、とくにお酒で顔が赤くなりやすい人は、普段から積極的に摂っておくといいでしょう。

ビタミンEの多いナッツやカボチャのタネなどはお酒にもぴったりです

Year